スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出し書きその3

多分これで終わり。



『選択肢のない娯楽』

幼馴染とお出かけ。

車でうちまでお迎え。

幼「どこ行く?」

妃「カラオケくらいしかなくない?」

幼「だよねー。」

いつも通りカラオケ直行。自分の周りの人たちは基本『一緒にショッピング』とかいう女の子な発想はない。

幼馴染の大好きなリボーンの骸のキャラソン2曲を歌ってみる。案の定ニヨニヨしていた。

一緒に雲雀vs骸名義の『SAKURA ADDICTION』を歌ってみる。低くて2人一緒に散る。

そういえば妹の周りでは骸は人気がないらしく、十年後の骸のカードを押し付けられていたのでくれといったらくれた。幼馴染に羨ましがられた。後ろのにょーんと長い髪がいいらしい。引っ張りたくなるそうで。ナッポーのツタか、これ。

幼馴染が7時までということで夕方までカラオケの後、書店に寄って解散。

そういえば幼馴染が書店で日本の歴史年表のようなものを熟読していた。何に目覚めたんだ。



『使いどころはそこじゃない』

母、自分、妹で祖母のところに顔を出し、その帰りのショッピングで寄った古本屋。

妹がハガレンのガチャガチャを2回やり、車の中でその中身を見せつけてくる。

姫「完璧じゃない?」

見てみると、エドとアル。

お前その運をもっと他のとこに使えよ。



『遅めのお盆と突っ込みの相手不在』

6月に亡くなった子のとこに高校の時の同級生と一緒にお線香をあげに。

その子のお母さんがその子の好きだった曲をiPodに入れ、わざわざ買ってきたというスピーカーで流してくれていた。

ミスチルを聞きながら遺影を見るとどうしても告別式がフラッシュバック。線香をあげた時点でもう涙目。

コブクロとかもかかっていた。

泣きながらその子の話をした。亡くなった時のこととか色々話してくれた。

本当は忘れたくないから下書き記事にでも書こうかと思ったけど、なんか違う気がするからやめておく。

きっと忘れられるものでもないだろう。


一応言っておくが、某『体は子供、頭脳は大人』な人が主人公の漫画に出てくるキャラのように『ソノコ』という名前なのではない。

この子・その子・あの子・どの子の指示語としての『その子』である。


あることをやろうとしている僕を羨ましがっていたらしい。でも、演劇とか音楽とか色々やってたって聞いてこっちが羨ましかった。なんだ、やりたいことは一緒だったのか。だったら一緒にやりたかった。

詳しく聞けば聞くほどあのときあぁしていればこうしていればって色々思う。でも、思ったところで結局残るのはもうどうにもならないという事実だけ。後に悔やむ。後悔というのはこういうことを言うんだと思う。

基本、徹底した秘密主義だったその子の絵を初めてちゃんと見た。その子らしい、暖かい絵だった。


その子のお母さんと話しているうちにわかった事実。

私はその子の携帯に(その子がつけてほぼその子しか呼んでいない)あだ名の『ポリー』で登録されていて、お母さんが携帯を見たときに誰か判断するのに時間がかかったらしい。しかも最初男の子かと思ったらしい。

なんか前に「ポリーはポリーで登録してるから」って聞いたような気がしなくもないけど、ポリーだけってお前。

突っ込みたくても相手はもういない。



そんなとこかな。

妹にロッテリアのシェイク代返してもらうのを忘れた気がする。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

妃悠

Author:妃悠

「きゆう」ではなく「ひゆう」

マビノギキホールサーバーで活動中

生産好きだけど面倒くさがり

故に生産・戦闘共に中途半端

故にいつまで経っても初心者

基本人として残念なので色々と閲覧注意

特に過去記事においては暗い話注意

あと毒舌は常に注意

今後こそマビ中心ブログになる予定

でも予定は未定

とりあえず気が向いたら更新

超気まぐれ不定期更新

うん、いつものこと

(2011.4.9 更新)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
時計
東のエデン
夏目友人帳
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。